てっしーの雑記

主に技術系のネタを

MacでGo開発環境を構築する その2

前回はMacに普通にGo環境を構築しました
その流れのままWebフレームワークを試していこうと思ったのですが、仮想環境の作り方とかなんにも知らんなーってことで引き続き環境的なところを学ぼうと思います

環境(goenv+direnv+ glide)

goenvは、go言語のバージョンを管理するやつらしい
direnvはPythonでいうところの venv
glideは外部ライブラリをyamlで管理しインストールしてくれるpackage.jsonみたいなやつぽい
なにはともあれやってみましょう

インストール

$ brew install goenv
$ brew install direnv
$ brew install glide

Go環境

$ goenv install 1.10.0
go-exmaple $ goenv install 1.10.0
Downloading go1.10.darwin-amd64.tar.gz...
-> https://dl.google.com/go/go1.10.darwin-amd64.tar.gz
Installing Go Darwin 64bit 1.10.0...
Installed Go Darwin 64bit 1.10.0 to /Users/chichi1091/.goenv/versions/1.10.0

仮想環境作成

$ direnv edit .

viかvimが起動するので以下を記載する

export GOBIN=$(pwd)/bin
export GOPATH=$(pwd):$GOPATH
export PATH=$PATH:$GOBIN

glideの設定

このようなディレクトリ構成を作ります

.
└── src
    └── app
        ├── main.go
        └── vendor

app ディレクトリに移動して以下のコマンドを実行すると glide.yaml が作られます

$ glide create
[INFO]  Generating a YAML configuration file and guessing the dependencies
[INFO]  Attempting to import from other package managers (use --skip-import to skip)
[INFO]  Scanning code to look for dependencies
[INFO]  Writing configuration file (glide.yaml)
[INFO]  Would you like Glide to help you find ways to improve your glide.yaml configuration?
[INFO]  If you want to revisit this step you can use the config-wizard command at any time.
[INFO]  Yes (Y) or No (N)?
Y
[INFO]  Looking for dependencies to make suggestions on
[INFO]  --> Scanning for dependencies not using version ranges
[INFO]  --> Scanning for dependencies using commit ids
[INFO]  Gathering information on each dependency
[INFO]  --> This may take a moment. Especially on a codebase with many dependencies
[INFO]  --> Gathering release information for dependencies
[INFO]  --> Looking for dependency imports where versions are commit ids
[INFO]  No proposed changes found. Have a nice day.

使いたい外部ライブラリは以下のコマンドで追加することができる

$ glide get github.com/xxx/xxx

glide.yamlがある状態で記載されている外部ライブラリを全て取得したい場合は glide up を実行すればいいらしい

こんな感じでいいのかな?
次回は基本文法のお勉強をしてみようと思います